住まいのメンテナンス

住まいをいつまでも美しく保つには、お客様の日頃のメンテナンスが欠かせません。
日々の暮らしの中で注意していただきたいポイントなどをご紹介しています。
住まいの補修やメンテナンスを実施される前に必ず取扱説明書をお読み下さい。

給排水設備

【全館浄水システム】1年に1回カートリッジフィルター交換を

  • ①毎日最初に飲料水として使用する時は、30秒程度、滞留水(フィルター通過後の水)を捨ててください。
  • ②留守等で2日間以上水を使用しなかった場合は、3分程度の滞留水を捨ててください。
  • ③断水や近隣での水道工事があった場合は、外部水栓から3分程度流して異物混入を防いでください。

※バルブがすべて縦方向になっていれば浄水されます。(取扱説明書参照)

【水道メーター止水栓】建物の外と内の止水栓

●水道本管から引き込まれた水道は、屋外のメーターボックス内にある止水栓を通り、メーターを経て配管されています。屋外の止水栓を閉めれば、すべての給水を止めることができます。洗面化粧台や流し台の下には専用止水栓があり、その器具への給水を止めることができます。

※地震の後などメーター内の指針(コマ)が動いているようであれば、漏水の恐れがあります

【排水舛】(雑排水の汚水桝と雨対策)半年に一度は中を点検

●屋外の排水桝には、キッチンや浴室からの雑排水が流れ込んでいます。半年に一度は蓋を開けて流れ具合を点検し、溜まったゴミを取除いてください。また、排水桝の中に木の根が浸入して、詰まりの原因になることもありますので、ゴミと一緒に取除いてください。

埋設配線に注意

●住まいによっては、庭に電気などの配線が埋設されています。誤って接触すると、感電のおそれがありますのでご注意ください。

住まいの基礎を傷つけない

●上下水道工事、植栽などで建物の周囲を深く掘るときは、基礎を害することがないように注意し、できれば事前に当社コールセンターへご相談ください。また、建物のすぐそばに将来大木になる可能性のある樹木を植えると、成長とともに根が基礎を破壊することがありますのでご注意ください。

排水設備のこまめな掃除を

●排水が敷地内にたまっていると、土留めや石垣の倒壊を招きます。日頃から敷地内の排水経路を点検し、排水桝や溝のゴミ土留めや石垣の水抜口が詰まることの無いよう掃除してください。

お問い合わせ

メンテナンスに関するご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お客様専用相談窓口(カスタマーセンターフリーコール)